YUKIKO MORITA
JP / EN

NEWS

Categories
info

ロスパンを使うことSALVAGE to CREATE

作品で使用するパンは、ほとんどが「ロスパン」からできています。ロスパンとは、パン屋さんで売れ残ったパン、パン工場でパンを焼く際に出るロス生地、賞味期限が近づいて使用できなくなった冷凍パン生地などからできたパンのこと。業界でどのように言うのが正しいのかわかりませんが、私はこれらのパンを、「ロスパン」と読んでいます。
パン屋さんの規模や業態によって出るロスパン事情はさまざま。そして、ロスパンと言えどもパンはパン。私の心を虜にしてやまないパンであることに変わりはありません。
Most of the bread used in my work is made from “bread loss”. Bread loss means unsold bread, loss dough from baking bread, and frozen dough that has expired and can no longer be used, in bakeries. I am not sure how to correctly say them, but I say these breads as “bread loss”. The situation of bread loss varies depending on the size and business type of the bakery. And even though it is bread loss, bread is still bread. It is still bread that fascinates me.

どうせ使用するならロスパンを。それも、ただで引き取りなどではなく、なるべく高い金額でパン屋さんから買い取ること。 If I’m going to use bread anyway, I want to use bread loss. Furthermore, I would also like to purchase them from bakeries for the highest possible price, not just for free.

私はパンがどんなに手間隙をかけて作られたかを知っています。ロスパンを出来るだけ高い金額で買い取ることで、パン屋さんにも喜んでもらいたい。 I know how much time and effort goes into making bread. I want to make the bakery happy by purchasing the loss bread at the highest price possible.

私は作品を作ることで、パンの新たな価値提供だけでなく、小さいながらもパン業界への貢献が出来ればと願っています。 I hope that by creating my work, not only provide new value to bread, but also contribute to the baking industry in some small way.

Categories
info

パンを巡る、表現の冒険An adventure in expression through bread

私自身の今後の活動の5年、10年を見据えて、私たちのホームページを全面リニューアルしました。I have completely renewed our website with a view to the next five to ten years of my own activities.

初めて私がパンプシェードを作ったのは2006年。なんと今から16年も前・・・!月日の過ぎる速さに驚きを隠せません。
もっとも驚くのは、16年経ってもまだ自分自身がパンプシェードに飽きていないということ。
The first time I made bread lamp was in 2006. That’s 16 years ago!
I cannot hide my surprise at how quickly the months pass. What amazes me the most is that even after 16 years, I myself am still not tired of my works.

このパンのライトは、初めは自分のためだけの作品でした。少しずつ人の手に渡ることで自分だけの「作品」から、「商品」としての顔を持ち始め、パンプシェードの制作に携わる人も増えてきました。昨年法人化も行い、今では10人近くのスタッフとともにこの活動が成り立っています。
今までもこれからもずっと、パンの魅力を伝えるアーティスト活動を継続していきたい。そして、今携わってくれているスタッフの雇用を継続し、生活を守っていきたい
This bread light was initially a “work” of art just for myself. Gradually, as they were passed on to other people, they began to have a face as a “product,” and more and more people became involved in the production of the pampshades. Last year, the company was incorporated and now there are nearly 10 people helping me with my project as staff.
I would like to continue the activities as artists to convey the charm of bread. I would also like to continue to employ our current staff members and protect their livelihoods.

私を支えてくれる周りのスタッフや家族・取引先、パンを提供してくださるパン屋さん、そして、私たちの活動を応援してくださる全ての方に感謝し、パンを通じて小さな幸せを届けたい。これからも精一杯がんばりますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。I would like to thank our staff, our families, our business partners, the bakeries that provide us with bread, and all those who support our activities, and bring a little happiness through bread. I will continue to do my best and ask for your continued support.

この時妊娠9ヶ月目。もうお腹パンパンでスカートのボタン閉まりません・・・
Categories
info

Introduced at Japanese magazine “Hanako”

2021年8月 雑誌マガジンハウス『Hanako 8月号』のV6 三宅健さんのコラム「みやけのものごころ」にてご紹介いただきました。 We are introduced at Japanese magazine “Hanako” by magazine-house at August 2021.

Categories
info

Participation in a Fair

2021年3月 ウェブメディア『Fassion P日本最大級のインテリア・デザイン見本市、GIFT SHOWにて同時開催の『ACTIVE CREATORS』に出展いたします。ress』にて取り上げていただきました。 We will participate a Fair『ACTIVE CREATORS / GIFT SHOW』in Tokyo DATE : 02-05 Feb 2021